次世代型倉庫管理システム LogiNebula for WMS(ロジネビュラ ウェアハウスマネジメントシステム)

多様な物流センター業務に柔軟に対応できる倉庫管理システム『LogiNebula for WMS』を新たに開発。
当社で活用するだけでなく、色々な企業様でご利用頂けるようクラウドサービスとして提供しています。

次世代型倉庫管理システムLogiNebula 詳しくはこちら

LogiNebula(ロジネビュラ)の名前の由来

ロジネビュラとは「ロジスティクス」と「ネビュラ(星雲)」を合体させた造語です。
クラウドは”雲”という意味で雲のさらに上を目指そうという気持ちから名前に”星雲”を使用しました。星雲を目指すように果てしない向上心を持って進化し続けて行きたいという思いが込められています。

LogiNebula(ロジネビュラ) for WMSの特長

クラウドによるメリット

  • 24時間365日の監視・運用体制の堅牢なデータセンターで万一の事態にも安心
  • 個人情報を有するデータでもセキュリティの心配は無用
  • インターネットに接続できれば、どこからでも直ちに利用可能
  • BCP(事業継続計画)の一環としても有効

様々な業務体系に柔軟に対応

  • 物流事業者だけでなく、あらゆる企業の倉庫管理に利用可能
  • 荷主様毎に引当条件の設定が可能
  • ロット逆転防止機能により誤出荷を防止
  • 豊富なピッキングリスト

柔軟な倉庫管理

  • 複数階層でのロケーション管理
  • ロケーションに「引当可/不可」の属性をプラスして管理
  • 複数員数管理

庫内状況の可視化を実現

  • 様々な集計視点から在庫状況を可視化
  • さらにトレーサビリティ照会も様々な角度から可視化を実現

請求・支払の一括管理

  • 自社倉庫、協力会社倉庫への個別対応が可能
  • 坪貸倉庫への対応が可能
  • 商品毎の荷役料/保管料の管理

次世代型倉庫管理システムLogiNebula 詳しくはこちら

中京陸運の荷主様向けのサービス

インターネット環境さえあれば、当社倉庫で管理している在庫状況をご自由に閲覧して頂くことができます。
参照権限のみのアカウントを作成してご提供致します。もちろん無料です。


LogiNebula(ロジネビュラ) for WMS 運用例

EDIシステムにより荷主様とのデータインタフェイスを構築。
倉庫(入出庫・在庫)管理から配送業務まで、ワンストップサービスを実現した運用事例。


※上記運用図の「荷主EDI」、「ハンディターミナル入出荷検品」、「ハンディターミナル棚卸」、「商品ABC分析」等はすべて荷主様個別対応による構築です。


お電話でのお問い合わせ

052-671-1111 営業時間:月曜日~金曜日9時~18時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

中京陸運株式会社 所在地:〒456-0035 愛知県名古屋市熱田区白鳥三丁目6番17号